Skip to content

海外ツアー、機内食について

海外ツアーの飛行機では機内食を楽しみにしている人が多いでしょう。

これは海外ツアーならではの楽しみで、国内ツアーではほぼありえません。機内食の選び方として、原則的には出発地の料理を選んだほうがよいという意見があります。

これは、どの国の航空会社であろうが、機内食はその便の出発地で準備し積み込むので、ご当地の料理を選んだほうがおいしいというものです。例えば、海外の航空会社であっても日本発の便であれば和食がよいし、日本の航空会社であっても例えばヨーロッパ発の便なのであれば無理に和食を選ぶよりは洋食を選んだほうがよいというもので、確かに納得できる意見です。

海外からの帰国時に日本の航空会社に乗る場合、和食の味が恋しくなることや、日本の航空会社だからという期待もあって和食を選びがちなのですが、ここは現地の料理を選んだほうが旅行の余韻にひたれるようなおいしい味に出会える可能性も大きいということです。ただし、牛肉料理と鶏肉料理から選ぶというような場合は、そもそもどちらも出発地風の味付けになっていることもありますから、そういう場合は必ずしもこの話は当てはまりません。

最近ではエコノミークラスであっても機内食に力を入れている航空会社も増えてきており、有名レストランのシェフが監修した料理を提供しているようなところも多くなっています。機内食は狭い機内での大きな楽しみです。ぜひともゆっくりと味わいたいものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *