Skip to content

海外ツアーとエコノミークラス症候群

海外ツアー、とくに長距離の国際線に乗るようなツアーでは、エコノミークラス症候群に気をつける必要があります。

これはエコノミークラスと名前はついていますが、別にビジネスクラスでも起きる可能性はあります。ただ、エコノミークラスのように狭い座席で長時間同じ姿勢でいることから発生しやすいことは事実で、国内ツアーのような短時間の便ではあまり発生しません。これは、長時間同じ姿勢を強いられることで血流がよどみ、よどんだところに出来やすい血栓がそのまま血流に乗って流れていき、重要な臓器の血管で詰まってしまうことから起こります。

もし脳に詰まれば脳塞栓、肺に詰まれば肺塞栓となり、どちらも命に関わりかねないことになります。これを防ぐ方法は、まずはできるだけ足を動かすことです。ふくらはぎ部分をマッサージするとか、適当なものを使って青竹踏みの要領で土踏まず部分を刺激するというだけでも効果的です。より望ましくは、ずっと座席に座ったままではなくたまには席を立って歩き回ることです。狭い機内ではあまり歩き回るわけにもいきませんが、トイレに立つ機会などを利用するのがよいでしょう。

また、体を意識的に動かすことのほか、腰から上半身に関してはできるだけ体を締め付けない服装をすることも大事です。一方で、脚に関しては伸縮素材などを利用するのもよいでしょう。機内で着替えるのはスペース的にも厳しいかもしれませんので、できれば搭乗前に着替えておくことをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *