Skip to content

旅行関連で東京方面など夜行バスで気になることは

旅行関連では様々な移動手段に関する商品がたくさん登場しています。

マイカーを使わずして移動できる公共交通機関では東京発着の場合だと鉄道とバスと航空機の3つが基本的に存在します。このうち深夜時間帯である夜間移動に限ると夜行バスが圧倒していて、毎日利用可能な鉄道だと出雲市または高松行きのサンライズ号しかありません。従って鉄道が利用できないルートや行先だと夜行バスを選ぶしかありません。夜行バスは旅行関連のサイトなどで検索すると、東京から大阪や名古屋間の回数や酒類がもっとも豊富で、座席は3列または4列、トイレがあるかないかなど様々です。

もし乗車しようとする場合はバスや鉄道のどちらにしても予約をしないとなりません。バスの場合は全国中のバス予約をやっている旅行関連のサイトからでも予約可能な場合があります。この場合にもっとも注意しておかないとならないことは、少なくても相当慣れてる人以外は値段の安さだけで選んではならないことです。東京から大阪の場合は約550キロ、名古屋でも約360キロほどで数時間から8時間くらいはかかります。相当長時間の移動なのでただでさえ乗車しているだけでも疲れやすくなります。

いくら寝ているとはいえ、あまりに安いプランを選択してしまうと、すぐ隣に知らない他人が座っていて存在感だけで息苦しいし、4列座席などだと狭くて窮屈な思いで過ごさなくてはなりません。またトイレなしのバスだとサービスエリアに到着するまでずっとトイレの心配もしなくてはなりません。だからバスで移動するならばできるだけトイレがついていて、座席が少しでも広々しているほうが少しでも窮屈で息苦しい思いをしなくて済みます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *