Skip to content

旅行関連で東京に行く時に夜行バスで気を付けたいこと

旅行関連で東京に行く場合、飛行機、新幹線、自家用車利用などさまざまな手段がありますが、中でも人気があるのが夜行バスです。

夜行バスは夜に出発し早朝に東京に到着するので、実質バスの車内で一泊することになります。宿を手配する必要がないうえに料金がバス代のみとなるので非常に格安で利用できることが人気の理由です。しかし、こういった東京行き夜行バスは長時間乗車していなければならないため、気を付けるべき点がいくつかあります。あとで後悔しないよう、しっかりと確認をしておきましょう。一番最初に確認したいことは、乗車するバスにお手洗いが設置されているかどうかです。

各旅行関連会社によって運行に使用されているバスの種類はさまざまで、お手洗いがついていないバスもあります。お手洗いのついていないバスはサービスエリアでの休憩回数が多く設けられることがほとんどですが、女性の方や体調を崩しやすくて不安な方は、やはりお手洗い付きのバスを利用するほうがよいでしょう。次に確認したいことは座席の形態です。

乗車中はそれぞれ指定の座席で眠ったり休んだりしていることになりますが、となりの座席にいる乗客が気になって眠れなかったといった話はよくあります。そういった方は独立シートのあるバスを使用している旅行関連会社を利用するとよいでしょう。その他にも、コンセントはあるか、ブランケットやスリッパの用意があるかなど、バスやプランによってかなりの違いが出ます。車内で快適に過ごせるよう、事前にしっかりと確認をしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *