Skip to content

南紀白浜で海水浴を楽しみませんか

和歌山県の白浜町はパンダで有名なアドベンチャーワールドが建てられている他、関西のリゾート地として人気があります。

阪和自動車道で大阪から2時間、羽田~南紀白浜空港間で75分と、主要都市から近いこともその魅力に拍車をかけています。近年では2014年に日本ジオパークから「南紀熊野ジオパーク」の1つにも指定され、ますます注目されています。しかも円月島や三段壁等の景勝地も多く、クエ等の美味しい海産物も豊富にあることから、わざわざ海外まで出かけなくても、本格的にリゾートが楽しめるのです。そこで今回、南紀白浜での海水浴をお勧めしたいと思います。まず注目したいのが、白良浜の砂です。

この浜は石英でできた真っ白な砂が広がっており、天気が良ければ海・空の青と浜の白との美しいコントラストを楽しみながら、海水浴を満喫することができます。そして何より魅力的なのが、白良浜のすぐそばに足湯が設置されているのです。実は南紀白浜は温泉地、つまりスパリゾートとしての側面も持ち合わせています。

海水浴を楽しんだ後に足湯で身体を休めつつ、美しい風景を眺めることはなかなかできません。しかも温泉宿を予約していれば、海水浴の疲れを温泉で優雅に癒すこともできるのです。海外のリゾートにばかり気を取られていては勿体ないレベルではないでしょうか。日本にこんなに魅力的なリゾート地があることを知っていただけたら幸いです。この夏の海水浴は、南紀白浜まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *