Skip to content

白浜の海水浴の特徴について

白浜の海水浴の特徴は、和歌山県の白浜町に位置している海水浴場は全長620m程の遠浅瀬になっています。

真っ白な砂浜は90%以上の珪酸を含んだ石英砂で、サラサラな砂になります。青い海と白い砂浜・浜辺に高くそびえ立ったヤシの木や浜辺に孤を描く様に並んでいる、ヤシの葉で作ったパラソルがあり、南国な雰囲気の中で泳ぐことが出来ます。アクセス方法はJRきのくに線の白浜駅からバスに乗って新湯崎方面に乗り、12分程で着きバスを降りたらすぐ海水浴が出来る場所が広がっています。

関西最大の白い砂浜が続いているリゾートビートでもあり、夏の海水浴シーズンには毎年60万人以上の方が訪れ白浜のレジャースポットとしても中心になっているところです。サラサラの白い砂と透明度の高い海と空のコントラストが、多くの方を魅了します。ハワイの有名な海水浴場とも友好姉妹浜になっていて、毎年5月上旬に本州では最も早い海開きが行われています。

しかし2017年から7月に海開きが変更になり、毎年行っていた方は注意が必要です。砂浜のすぐ横には水着着用の混浴露天風呂もあり、冬場は足湯として楽しむことが出来ます。毎年夏には白浜で花火大会もあり、12月~2月はイルミネーションイベントもあり1年間を通して楽しむことの出来るところです。そして日帰りも可能ですが、周辺にはホテルや旅館も多く遠方の方は遊びの疲れを含めてゆっくり休んでから帰ることをお勧めします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *