Skip to content

スノボーは旅行中の飛行機での移動時に持ち込めるのか

スノボーを旅行に持参し、滞在地にあるスキー場などで滑る人は大変多いです。

もし、日本国外や自宅から遠い国内の観光地に行く場合、旅では必ず飛行機での移動を伴うことになりますが、スノーボードについては基本的に機内への持ち込みはできず、キャリーバッグなどと同じように通常の荷物として預けなければなりません。飛行機での旅行においてスノボーを預ける際には、気をつけておきたいことがあります。

それは、大きいボードを持っている場合、そのボードのサイズ次第では荷物として預かってもらえないことがあるということです。これは、各航空会社で機内に積み込める荷物のサイズと重量に制限を設けているためです。制限をオーバーしていて預かってもらえそうにないのであれば、宅配会社のサービスを利用し、到着時期に間に合うように旅行先にスノボーを送る必要があるでしょう。

また、ボードが破損する可能性がある点にも注意が必要です。飛行機での移動中には、乱気流などによって機体が大きく揺れ動くことがあり、ボードを裸のまま預けてしまうと機体にぶつかった拍子に破損してしまう可能性があります。携行品に損害が生じた時に補償してくれる保険に加入していれば、修理代や別のボードの購入代にあてられるお金が出ますが、壊れることなく旅を終えられるに越したことはありません。飛行機に乗って移動するのであれば、ボードはハードケースか緩衝材で敷き詰めたケースに入れた状態にして預けましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *