• iPhoneXのバッテリー性能と新しい充電方法

    iPhoneXはデザイン面でも性能の面でもこれまでのシリーズと比べて大きな差があります。バッテリーの性能のシリーズの中で最も優秀で一回の充電で使える時間が一番長い機種になっています。バッテリーの容量は2716mAhでスマートフォン全体の中でも大容量のバッテリーを備えている機種です。バッテリーの容量が大きいだけでなく、消費電力を少なく済む設計になっている事で一度で長い時間端末を使えるようになっているのです。


    通話による最大駆動時間の目安が21時間でインターネット通信による駆動時間が最大で12時間です。

    iPhoneXにシリーズで初めて採用された有機ELディスプレイはより質の高い映像を見る事ができるだけでなく、消費電力の少ないディスプレイでもあります。

    iPhoneX情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

    この有機ELディスプレイの採用がiPhoneXのバッテリーの持ちを良くする事に繋がりました。



    これまでのiPhoneシリーズが有線の充電器を端末に差し込んで充電する方法でした。

    iPhoneXではQi規格のワイヤレス充電器に対応する端末になったので、これまでのように優先の充電器でなくワイヤレス充電器の上に置くだけで充電をする事ができます。



    これによって充電器の差込口が水分やごみによって故障するリスクがなくなります。Qi規格のワイヤレス充電器ならばどれを使っても問題ないので、特定のメーカーの充電器に縛られる事なく、高速充電などそれぞれのユーザーのニーズあった充電器を選んで使用する事ができます。